大瓶水差し
水差しの蓋の上に点前のあと、袱紗を結び残す法がある。柄杓、蓋置きを点前の終わりに飾らず、結び袱紗を置き残した。