一重しだれ桜

毎年咲いてくれる白いしだれ櫻だが、なぜか毎年床の間に飾る間もなく散ってしまう。今年は開きすぎたようだがまにあって、春が来たと思ったとたんの、「春一番の櫻」を活けることができた。