干し柿餅はその名の通りで、干し柿を求肥に練りこんで切ったもの。みかんは練りきり、羽二重餅と半生菓子は生徒さんからの差し入れでした。

食紅を使うことには抵抗があったが、今回オレンジ色の色粉を使ってみた。色が綺麗に出たこともさることながら、食紅を使うことで、作る練りきりの種類が増えるであろうことが嬉しかった。
みかん・練りきり             求肥を型にいれるのも初めて、型に霧を拭いて片栗粉を掛けてから餅をながしこむ。          この作業も新しい発見だった。干し柿餅            これほど柔らかいお餅は初めてで、又羽二重餅が思いのほか手の掛かるものと知った。この半生菓子は後味がなんとも美味しい。上新粉と漉し餡をオーブンで焼いただけだということだった。
羽二重餅と半生菓子