11/10: 亥の子餅

Category: 菓子-11/11更新
Posted by: tojo
亥の子(いのこ)は、旧暦10月(亥の月)の亥の日に行われる年中行事。玄猪、亥の子の祝い、亥の子祭りとも。主に西日本で見られる。行事の内容としては、亥の子餅を作って食べ万病除去・子孫繁栄を祈る。あるいは、子供たちが地区の家の前で地面を搗(つ)いて回る事等がある。

歴史的には、古代中国で旧暦10月亥の日亥の刻に穀類を混ぜ込んだ餅を食べる風習から、それが日本の宮中行事に取り入れられたという説や、古代における朝廷での事件からという伝承もある。この行事は次第に貴族や武士にも広がり、やがて民間の行事としても定着した。農村では丁度刈入れが終わった時期であり、収穫を祝う意味でも行われる。また、地面を搗くのは、田の神を天(あるいは山)に返すためと伝える地方もある。猪の多産にあやかるという面もあり、またこの日に炬燵等の準備をすると、火災を逃れるともされる。-Wikipedia-

鶴屋吉信の亥の子餅
鶴屋吉信の亥の子餅

双鳩堂
双鳩堂の亥の子餅

とらやの亥の子餅
虎屋の亥の子餅

たねやの亥の子餅
たねやの亥の子餅

私の亥の子餅
私の亥の子餅ー亥の子餅と言っても味も姿も違っている。まだまだ沢山の種類があった。栗がはいったり、ほとんどおはぎに近いものもあり、どれにしようかと迷ったあげく、なんとか出来上がった私の亥の子餅だ。


Category: 菓子-11/11更新
Posted by: tojo

今日のお稽古は炭点前と略盆。メグさんが朝作って来てくださった「浮島」に引かれて、略盆のお稽古を早めることになった。滑らかで、とても美味しかった。
Category: 菓子-11/11更新
Posted by: tojo
カボチャ 柿

申し合わせたように同じ日のお稽古日に柿とカボチャの練りきりがそろった。翌週は又違ったカボチャの練りきりが届く。色はおなじでも白餡、小豆粒餡、小豆漉し餡など違ったお味を楽しんだ。

07/29: 水饅頭

Category: 菓子-11/11更新
Posted by: tojo
null

涼しかったサンフランシスコの講習会での後、やはり作りたくなるのは水饅頭だった。冷蔵、冷凍可能なのでありがたいお稽古のお菓子だ。たまたまとらやの餡ペーストを頂いたので、今回はとても柔らかいとらや餡を使った。

05/12: 桜餅

Category: 菓子-11/11更新
Posted by: tojo
桜餅

今年最初の桜餅は薄い皮を焼いてそれに餡を包んだ。2度目の桜餅は道明寺粉で作ろうとしたが、道明寺粉がなかった。インターネットで作り方をさがしたところ、なんとか近い物があった。水にひたしたもち米を袋にいれて叩くかわりに、フードプロセッサーで適当な大きさにくだいた。思いのほかうまく出来たと思っている。こんなに簡単なら、他のものも出来そうだと大満足だ。桜の葉は昨年塩漬けにしておいたもの。
Category: 菓子-11/11更新
Posted by: tojo
黄身

このお菓子は綺麗に割れて、中のピンクが見えなければならない。いつものように作ったつもりだったが、割れたもの、あまり割れないものとむらがあった。お味はいつもどおり、まあいいとしましょう。

04/16: 桜餅

Category: 菓子-11/11更新
Posted by: tojo
桜餅

「今朝作りました~」とメグさんのおもたせの桜餅は、例のごとく口にいれてから写真を撮り忘れていたことを思い出した。結局私の作ったものを、載せることにする。

03/31: 3月の菓子

Category: 菓子-11/11更新
Posted by: tojo
練りきり2種に鶯餅
雛祭りのために作って、結局病気で欠席された方の作品が、雛の日/練りきり製。自宅の「いろいろ」とした雑事、心配事で眠れない夜に、起き上がって作り始めてしまったという「鶯餅」。初めて餡を手作りして、出来た
練りきり。みなどれも美味しく頂いた。
Category: 菓子-11/11更新
Posted by: tojo
初もみじーなでしこ/練りきり製
1月に試しておいた「みかん」にこのお菓子を追加しておもてなしをする。茶会のあとは軽く内輪での昼食をすませて、もう一度私達だけてお茶を頂き余韻を楽しむことができた。
初もみじ
Category: 菓子-11/11更新
Posted by: tojo
干し柿餅はその名の通りで、干し柿を求肥に練りこんで切ったもの。みかんは練りきり、羽二重餅と半生菓子は生徒さんからの差し入れでした。

食紅を使うことには抵抗があったが、今回オレンジ色の色粉を使ってみた。色が綺麗に出たこともさることながら、食紅を使うことで、作る練りきりの種類が増えるであろうことが嬉しかった。
みかん・練りきり             求肥を型にいれるのも初めて、型に霧を拭いて片栗粉を掛けてから餅をながしこむ。          この作業も新しい発見だった。干し柿餅            これほど柔らかいお餅は初めてで、又羽二重餅が思いのほか手の掛かるものと知った。この半生菓子は後味がなんとも美味しい。上新粉と漉し餡をオーブンで焼いただけだということだった。
羽二重餅と半生菓子